1.『虚』

多分、人はいくつになっても、学ぶことが大好きです。

人間は、そのようにできていると思うのです。

「勉強嫌い」と思い込んでいるのは、外的な諸々の影響に過ぎません。

今は勉強が楽しくて仕方がありません。

頭を使う快感ってこんなに中毒性ありました?って思うほどです。

脳の使い方が違ったのですね。

「解ったーっ!」と「思い出したーっ!」いうふたつの感覚はとても似ていて、脳がジューシーになるのです。

年の功、塾の功。そして道祖神。

世の中は物や情報に溢れ、生活に不便さを感じることは、ほとんどなくなりました。

自分の頭で深く考えることを、長い間すっかり忘れていました。

いえ、誰しも半世紀以上も生きていると、呼吸さえままならぬほど辛いことも多々あると思います。

その都度大いに悩み考え、乗り越えてきたつもりでした。

が、その脳の使い方があまりにダサかったため、実は同じ様なトラブルや悩みを繰り返していただけなのです。

悩むことはアホらしいのです。

悩みなんて本当はないのです。

ぐるぐる思い悩むのは、出来事に対する独自の反応パターン。

それが病気を育くむ。

そのカラクリは、ずっと先の記事に出てくるはず。
ビンボーゴッドさんのしわざだったっけ…

自分で造り上げた観念が、悩みのおおもと。

深く考えることと悩むことは全く別次元でありました。

そして、ぐるぐる思い悩んでいる頃、毎朝通勤時に聴いて気持ちをリスタートしていた音楽があります。


「始めからはじめよう」/Passport  to Heaven  

記事の中で紹介されています。

かつての通勤路にある小さな道祖神社の前を、とぼとぼ歩くイヤホンの私がキュンと思い出されます。

音楽聴きながら、毎朝この石像の前で手を合わせていました。

再会

さて、第1回バカボンブログ。

の中のSF小説、「冷蔵庫の穴」。

2006年頃に山田夫妻で創作したというこの小説を、しょっぱなにドーンと掲載されたのは、波動学につながる大きな意味があるからなのでしょう。

しかし、私がそんなことを知る由もなく、以下の部分にひたすら共鳴していたのでした。

彼女もあたし同様、温もりを求めているはず。自分を愛せないまま、日々を過ごしているのだ。この一件が起きてからあたしは、『虚』という存在に親近感を抱き始めていた。それは、彼女の、そして自分の心に宿る『虚』が具現化されたものなのかもしれない。
 あたしは目を閉じ、全神経を集中させ、そっと彼女と鼓動を重ねる。あるだけのエネルギーで、間違いのない自分を守るように。

決めた。会う必要はない。会った所でそれは自分なのだ。

https://koji-yamada.jp/2011/06/21/123151/


それが、私と『虚』との再会でした。

はじめに

バカボンブログに出逢ったのは、2011年秋でした。
当時の知人が教えてくれました。

https://koji-yamada.jp/

そして、数年後には塾生としてのご縁までいただくことになりました。

もともと躁鬱の気はありましたが、2011年3月の東日本大震災以降、さらに重圧と無力感の狭間でもがき苦しんでいました。

自分の生き方にビンタを食らわされたのです。

体は石のように重く、心ここに在らずで、自分の存在が認められませんでした。
また、認めたくありませんでした。

そんな無機質な日々の中、何となく読み続けていたバカボンブログに、一筋の光を見つけていたのです。

ここに私がいる、と。

記事の内容はとても難しいけれど、理解できるようになりたいし、「理解しなければならない!」との強い思いがありました。

頭が追いつかないのに、胸が躍り、下腹が騒ぐのです。
頭で理解できないから胸やお腹で受け止めていた、そんな感覚でした。

そして、不思議なほどその文面や内容に惹かれ続けていました。

そして、塾生になる。

バカボンブログを読み始めてから5年後の2016年秋、記事で募集された山田塾(波動学講習会)にダメモトで応募してみました。

なぜか、このタイミングを逃してはいけないと思ったのです。

何に秀でているわけでもないけど塾に入れるのかなあと、一瞬不安がよぎりましたが、ちょっとやけっぱちでもありました。

10日後に合格メールが届き、急にドキドキしたのを覚えています。

スカイプでの予備授業を終えたものの、初めて参加した授業は正直ビビりました。
私の頭でついていけるのか?

でも、教室の空間がなんか自由で楽しい!
ひょっとしてイケるかも?と思いました。

早く先輩に追いつかなくては!と必死に過去記事を読んでは、考えに考えました。

いまだに解らないところだらけですけれども。

そして、入塾後数ヶ月経過。

徐々に仮の自我が薄れ、真の自我が見え隠れし始めました。

社会に揉まれる前の、もとの自分を思い出すような温かい感覚です。

その後、2年かけて心身の安定と不安定を繰り返しながら、その振幅は少しずつフラットになってきました。

今現在、体は軽く心ここに在り、です。

Just before waking up

2019年春、駆り立てられる思いが沸々と胸に湧き上がりました。

あちこち書き散らかしていた、授業や記事のノート、思いつきのメモ書きたち。

私の成長の過程でもあるこれらを整理して残したい!

そこで名案!(整理整頓下手のおかげ?)

バカボン記事の初回から順を追って自身に確認しながら、学びの記録・体の変化を綴っていこうと思いました。

ある意味、この世での終活か??

それでは、始めからはじめます。